今回の話し手:わかよし×きむねぇ
p
p

きむ「南2局トップ目の子番。5巡目ドラ④ピン。点数状況は自分と親がトップ争いで、下2人が3着争いしているような感じ。競ってる相手が親番」
無題
きむ「何切ってどうする?」
 
わか「ん~、とにかく親を蹴りたい場面やんな。出上がりは出来ひんけど、
四七マンツモを逃すのが嫌やから6ピン切りのダマかなぁ。白出たらすぐに叩いてとりあえず出上がり出来るようにする。その後はあがれやすそうで、安全牌にもなりそうな牌に代えるかな」

きむ「珍しくちゃんと考えたね。ちなみに⑨ピンじゃなくて6ピンなのは何で?」

わか「⑥ピン残しで嬉しいのは赤⑤ピンを引いたときだけやから。後々少しでも通りやすそうな⑨ピンを残したいかな」

きむ「なるほどなるほど」

わか「木村さんはどうするん?」

きむ「五マン切り聴牌崩し」

わか「それやと四七マン引いたときゲロ吐きそうにならへん?」

きむ「んー、白鳴いて⑥⑨ピンのノベタンに出来るのと、④ピンか⑤ピン引いたときに一通になるのと、端っこの牌引いてきたときにチャンタになるから。あと何引いて来ても麻雀中に嘔吐はしないよ」

わか「それにしてもまた意見が割れましたねぇ」

きむ「でも四七マン待ちにするんだったらリーチでいいんじゃない?」

わか「親が攻めてきたら割に合ってないし、1300のリーチは打ちたくないかなぁ」

きむ「じゃあ五六マン落とそう」

わか「だから四七マンツモってくるかもしれへんやん!」

きむ「ツモる前に手代わりするから大丈夫」

わか「何を根拠に・・・」